提案モデル

HOME > 提案モデル

「2025年問題」の準備に直ちに取り組みましょう

2018年の診療報酬改定では、医療機能の分化、連携の強化、地域包括ケアシステム構築の推進が強調されています。療養病床の廃止による介護医療院などへの転換や地域医療構想の具体化で病院の機能やポジショニングの変化が顕著になってきます。また、医療と介護の連携によるネットワーク力で差がつく「構図」となってきますので、自院患者の療養環境を「医療と介護をつなぐ」視点で途切れさせない企画が不可欠となるでしょう。

提案モデル
case1
case2
case3